2022年09月20日

ランボー超人Bの物語-15 こりゃヒーロー誕生か?!@ 

220920↓
これでジョーが俺のこと喋ってるってわかったんで、一応お礼だけ言って、お別れしようとしたら、このマミっていう娘は、それじゃあ満足できないって感じで、俺の手にしがみついてきて「ねえ、今度、マミをお空に連れてってくんない?」ときた

いやいやいや、それはないでしょ、って俺の頭ん中に駒ちゃんが浮かんで、猛烈に首を振ってる
「いや、危ないからそれは無理だわ」って、なんだか俺たじたじしちゃってる?

「ふ〜ん、ダメなの。そっか、もう誰かいい女(ヒト)いるのかぁ。じゃあ、2番目でいいから、余裕ができたらマミたんも、よろしくねぇ」なんとなんと、これって、アレなの?

絶対、俺より年下だろーに、ぐいぐい来るなぁ
「また、遭えたらね。そんとき、考えるってことで」とにかく、なんか変な約束しちゃわないうちに、ここからバイバイしよう、って腰を浮かせたそのタイミングで、金ブチ眼鏡が登場

「どうですか、お話は弾みましたでしょうか?マミさんは、まだエンディングがありますから、そろそろよろしくですよ。超人ランボーさんは、もう少しお話伺いたいので、よろしくお願いいたします」先に釘を刺されてまった

「今日はありがとうございました。けど、俺はTテレ以外の局には、出られないような契約交わしてるんで…」こっちも先手打って、とにかくライバル局同士のごたごたに巻き込まれたらいかん、って思ったんだ

「ふーん」と言って板倉Pが、右手の人差し指をかなり高い鼻に添え、L字にした親指を顎に当ててカッコつけのポーズとってから「超人ランボーさんなら、そんな契約なんて関係ないでしょう」って、決めてきた

「あ、いや、俺は約束ごとは守りたい方なんで…」っていうか、なんかその言い方が、気に入らないんだよね
「おお、そうなんですか、それはすばらしいお心がけですね。なんか最近は、そのあたりが結構ごたごたしてましてね。ウチもいろいろフレキシブルに考えられるようになってるんですが」

「わかって頂ければ、いいんで。じゃ、俺はこれで」マスクしてるんで、俺のほっとした笑顔は見せられなかったけど、案外いい人なんかな、この金ブチ眼鏡さん

「ウチは、超人ランボーさんみたいに、正義のために一般市民を守ろうとしている方には、そんな契約なんて、考えませんよ。だって、超人ランボーさんは、国民みんなのスーパーヒーローなんですから」おっと、そう来る

もう立ち上がりかけてた俺は、なんとなくまた腰を下ろしてしまった
絶対、裏があるんだろーな、って分かってたんだけど、ついつい話の続きがあるんなら、聞いた方がいいかなって思っちまった俺の心の動きは、マスクしてても見えるのか?

「あ、いや、すみません。まあ、もしも、もしもですけど、Nテレに寄ってみてもいいかな、という気分のときは、お気軽にこの板倉に言ってください。受付のメンバーには、超人ランボーさんは、いつでもフリーパスだと言っておきますから」と言って、すごくいい笑顔を見せた

「そうそう、さっきのマミさんもですけど、ウチの木曜ドラマの出演者の雪村香澄さんも、超人ランボーさんのフアンだって言ってましたから、もしお会い頂けるのなら、セッテイングしますので。それでは」って、新しい餌を撒いて、立ちあがると会釈して帰りのドアを開けてくれた
posted by 熟年超人K at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック