2022年06月22日

ランボー超人Bの物語-13 本気で正義の味方やってみるA

220622↓
東京 危ない場所 で検索すると“渋谷駅付近”と出て来る。近いので、そこから行ってみようってことにした
引っ越してきたマンションのある辺りは、危ない感じなんてまるっきりないんだけど、確かに駅の方は人(特に若い奴)が多くて、なんか面白いことないか系の連中が集まってるはずだ

5階のベランダから、夜の街に向かって飛び出すのは、映画の主人公になった気分がして、かなり盛り上がる
着てる服は、もちTテレのコスチュームじゃなくって、デニムの上下の私服だ

上空から眺めて、人が居なさそうなとこを探して、すっと降りる
それから、さっき見つけた店先に若い連中が群れてた、コンビニ目指して早足で向かう

近づいてくといるいる、若い奴らが十数人コンビニ前に集まって、座り込んでくっちゃべったり、飲んだり食べたりタバコ吸ったりしてる
俺が寄ってくと、じろっとこっちを見るけど、目線は合してこない…って言うか、無視されてるのありあり

あいつらから見ると、俺はおっさんなんだろな
「なあ、君ら、この辺りにいる半グレ集団って知ってる?」普通の調子で単刀直入に質問してみた

効果てきめんって言うのがこれだな、って笑えるくらい、連中の反応がすごかった
十五、六人のうち、十人ほどいる野郎らの眼がぎらってなり、その半分くらいの女の子らは薄笑いになった
あと一人だけ金髪の白っぽいスーツ野郎が、無表情になった(超人じゃなかったらぶるっちゃうとこだよ)

「お前、なんなんだよぉ。サツかここらの自警団かぁ」高校生くらいのスカジャンの男の子が、イキがった口調で、俺にかみついて来た
「よーせよせ、こいつきっと週刊誌かなんかの記者だよ。俺らの話がききたいだけなんだよぉ」紺色のトレーナーの少年が、スカジャンをなだめる

「おじさん、ほんとなんなの。もしかして、ユーチューバーかなんか?」赤いミニスカの女の子が、話に加わって来た(…にしても、俺、おじさん!?)

「まあそんなもんだって思ってくれていいよ。ねえ、どこに行ったら会えるか、知ってる人いるかなぁ」どう間違われたって、別に構やぁしないんだけど

「おっさん、あんた格闘家かなんか?」「えーっ、格闘家なんかに見えないじゃん」「ばーか、そう見えないようにしてるだけなんだってぇ」連中同士で勝手に喋り始めちゃって、俺、どうしたもんかな状態

「あんたさぁ、ジャガーズに会って、どうしたいの」金髪が、ぼそっと喋ったら、他の連中はぴたっと話すの止めた。やっぱ、こいつがこの連中の兄貴分、って言うか、怖がられてる奴なんだな

「ジャガーズって言うのか。ここらの半グレは」きっかけさえできれば、後はラクショーだぞって、この時点ではそう思ってた。で、少し強めに出てみた

「てめえ、どこの組のもんだ。春日部か権藤か、そんなとこだろ」…なんか勘違いされてるけど、まあいいや
「どこだっていいじゃねぇかよ。お前らんとこに連れてけよ!」思いっきし強気に出てみた

予想通り、金髪はそれほど上の奴じゃなかったみたいで、ちょっと隅の方に移動すると、スマホで連絡摂り始めた。その様子と、平気な顔で突っ立ってる俺の方を代わる代わる見ながら、若い連中は、少し距離を開けるように動き始めてる

「お前、ひとりか?」「ああ」って答えると、またスマホで話し出す
「よし、連れてってやるわ。一緒に来い!」金髪野郎の緊張感が伝わる。若い連中にも伝わったか、皆、そろそろこの場から離れてってる

肩を怒らせるってぇのの、見本みたいな感じで、前を歩く金髪は背の高さも体型も、俺と良く似てる
こんなんじゃ、暴力集団の中じや苦労してるだろうなって、ふっと思ったんで声をかけてみた
「よお、お兄さん、名前なんてぇの?」後姿がぎくっとして、立ち止まった

「うるせぇよ、なんなんだよてめえはよぉ」立ち止まると振り返って、顔を低くして下から上目づかいに、俺のこと睨む。それでも俺がどの程度のランクか分からんもんだから、あんまり強気に出られない

「いやぁ、わざわざ案内してもらってるんで、後でお礼するとき、名前が分かってた方が良いんじゃないかって思ってさ」ちょっと笑顔を見せてやった
posted by 熟年超人K at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック