2022年05月31日

ランボー超人Bの物語-12 人気者っていろいろ大変B

220531↓
うっかり自分から言い出したみたいになっちまって、俺としては、しまったかなって反省する部分もあったんだけど、結局まあいいかってことで、それ以上くよくよ考えるのは止めた

でも、駒ちゃんには相談しといた方がいいかな、って思ったんで、軽く事情を説明しつつ、今夜とか明日、こっちに来れる?ってメールしといた。が、返事はないまま
― なんだよ、この前のこと、まだ怒ってんのかなぁ?

しょうがないんで、もしお助けマンみたいにやるんだったら、どういう場合はやってもいい、こういう場合はやりたくないってこと、先に決めとかないと、なんでもやるになっちゃって、いつか困ることになるんじゃないかって、俺的には珍しく閃いた

じゃあ、どういう場合だよ、ってもう一人の俺が、うだうだ迷ってる俺に口を出して来る
う〜ん困った。昔っからあんまり深く考えない方だったけど、超人になってからは、なにが起きても大体何とかなるから、ぜ〜んぜん考え無くなってたんだよな

一個だけ言えるのは、家直して欲しいとかは、建設業界に悪いからやりたくないな、ってことぐらいかな
て言うことは、俺じゃなくっても誰かに頼めばできることなら、俺がしゃしゃり出ること無いじゃんってことだろ

そんなこと考えてたら、メール着信音が鳴った
おっ駒ちゃんか、って思ってスマホ取出して見ると、ピンポーン、駒ちゃんからのメールでした(嬉!)

“ひとつだけアドバイスします 局の依頼でお助けマンとかやるんだったら 助けに行く先が 本当に貴方の力を必要としているのか 局が必ず調査しておくこと その結果は局が全責任を負う それをしっかり約束させておくこと そこは必ず念押しするようにね”
おおっ、なんか頼もしいつーか、上から目線の指示だなぁ

それ以外のことはコメントないとこみると、まだなんか怒ってるんかな
でも、なんにも怒られるようなことしてないのに、ってついグチりたくなる俺(ぶわーって飛んでって、さあーって連れて来ちゃおうか!…なんて嘘、それやったら駄目でしょ)

でも駒ちゃんのアドバイスは、いいとこ突いてたと思う
翌日ザキさんから、会いたいって連絡があったんで、会う前にお助けする場合、依頼して来た相手のことは、局の責任でしっかり調べといて欲しい、ってことと、ついでに建設関連的な話になるんだったら、やらないってことも伝えた

ザキさんも、まさかそんな話になるなんて想像してなかったみたいで「上の人としっかり相談してお答えしますんで、ちょっと日にちを頂けますか」って話になって、その返事が来たのは翌週だった
駒ちゃんからは、相変わらず連絡がないので、俺は落ち込んだままの4日間だった
posted by 熟年超人K at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック