2022年05月24日

ランボー超人Bの物語-12 人気者っていろいろ大変A

220524↓
それでも、次の角を曲ったとこで、一気に8階建てのビルの屋上まで飛び上がって、女の子たちを撒いてあげた
だってどうせ、俺の後なんか付いて来たって、いいことなんかないもんね

それでも、女の子たちに追いかけられることなんて、俺的には人生初めての経験だから、なんか嬉しい気分になっちゃうのはしょうがない

そんな話を夜、駒ちゃんが来たときに喋ったら、ちょい機嫌悪くなったみたいで(俺ってデリカシーないな)
「ふーん、勇太郎さん嬉しそーね」って言っただけで、話が途切れちまった

もち、しまった!って、俺だってすぐ気が付いて「今日、局でなにか面白いことあった?」って、間抜けな話題転換してみたけど「別にないよ」ってなって、俺的には他の話題が出て来ず、もう黙ってテレビ見てるだけ

ってなると、時間経つののろくなって、俺の頭の中じゃあ、なんか別の話題探さなきゃ、ってなってますます重い時間の中を、もったらもったら歩いてる感じ

「じゃあ、時間遅いから、もう帰るねっ」って、駒ちゃんが言ったときには、まずいぞまずいぞって気持ちと、なんか少しほっとした気持ちと、もうなんか分からんけどメンドクサイナーって思う俺の三人が、ぼーっとしちゃってるだけだった

別に女の子たちとなんか話した訳でもないのに、なんであんなに怒るみたいになるんだろ、って正直思った
新しいマンションの夜は、こうしてうんとつまらないものになってしまったのであ〜る

それから1週間、SITの訓練と雄仁塚建設の仕事が交互に入ったお蔭で、俺は忙しくなったんで、駒ちゃんの連絡が無いことが、別に気にはなってなかった

さすがに、これはまずいだろーって俺だって思うこともあったんで、何回かメールしたけど返信もなく、電話かけても留守電の案内メッセージしか聞けないんで、なんか怒れてきて、もーいいや!状態

そんな駒ちゃんが怒って(?)帰っちゃった日から8日後、ザキさんから電話があった
「超人ランボーさんの出演依頼が殺到してるんですが、上辻曲さんのご予定ってマネジメント可能なんでしょうか?」いつものザキさんらしくない、ちょっとよそよそしい感じがした

「出演依頼って、またニュース番組かなんかですか」
「いや〜、それがウチの局のバラエティ番組なんですよ。それも3本」へえ〜、Tテレのバラエティって言うと、お笑いのコンビが司会してるお昼のやつとか、かなぁ

「どんな風に演るの期待されてるんっすか。俺、お笑いとか観るの好きな方だけど、話なんてうまく出来ないし、オチ付けるなんて絶対無理っすから…」これは正直本音だ

「それは大丈夫ですよ。超人ランボーさんとして出演して頂ける場合は、MCが上手く回すんで、超人ランボーさんとしては、例えば空を飛んでバスケのリングにダンクで叩き込むとか、とにかく今まで見せたことのない超能力をご披露頂く、とかですねぇ」…なんだ見世物になれってか

「そんなのお断りします。まだ、実際に困ってる場所に出かけて行って、その問題を解決するとかなら、俺が出る意味もあるとは思うんですけどね」ついつい、こっちから喋っちまった!

「そう、そうか、そりゃ名案ですよ!そうか、いいなあ、日本列島、住んでる方のお悩み解決します!そう、そうですよ、それなら超人ランボーさんにわざわざ出演して頂ける意味もあるってもんですよ!」すごいノリノリになっちゃったよ、この人
posted by 熟年超人K at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック