2022年05月08日

ランボー超人Bの物語-11 ヒーローにランクアップF

220508New↓
なんでスマホのアドレスが分かってんだよ、って思ったけど、雄仁塚の社員の皆の顔が浮かんだ
俺が雄仁塚にいたのは、以前のテレビで紹介されてたんで、みんな知り合いの雄仁塚建設の社員に訊いて、教えてもらったってとこだろう

大体は褒めてるみたいなDMだったけど、中には俺のこと悪く言ってるのもある
いちいち見るのはめんどくさいなぁ、って思うんだけど、中には知ってる人からのもあるから、無視もできない

有名人がネットで叩かれたりして炎上、みたいなネット記事をこれまで面白がって見てたけど、こりゃほんと大変だよ
なんてこと、ぼやっと考えてたら、ほらメールの大群の中に大事なメールが入ってた

“昨日はお疲れさま 正体見せちゃったからこれから大変だね 殿は大喜びだったけど わたしはちょっと心配。。。 でもいつかは有名になっちゃうんだから 早めに経験しとくのも良いのかもねわーい(嬉しい顔)

実はこの先の展開、まだまだこんなもんじゃ済まなかったんだよね
駒ちゃんとの間にも、いろんな影響が出て来るのを、俺はまだ気づいていなかった

このアパートの場所は、もう知られてるから、また人が集まってるのかもと、ちよっと外を覗いて見たら、いるいる、あっちに4、5人、こっちに5、6人、少し遠いところに10人以上!
前回マスコミが集まったときと違い、女の子集団や若い男の子集団が、それぞれ固まってこっちを見てる

なんか、人気者になったみたいで、ちょっと調子に乗りそうな俺に、いかんいかんって大人な俺が注意する
これじゃあ、コンビニに買い出しに出たりできんかも…とか思えたんで、そんなことを駒ちゃんにメールしてみた

“ふーん、困ったねぇ でもなんか嬉しそうだね いよっ、に・ん・き・も・の!”って、からかいのメール
続けて“渋谷区のマンションに 早く引越した方がいいね このままだとわたし行けないよ。。。”と
そーだよなぁ、こりゃ早く引っ越さんといかんなぁ…

そうとなったら速攻で不動産屋に電話して、渋谷区のマンションに今夜引っ越したいんだけど、って言ったら「こ、今夜ですか」って驚いたけど、店に来てくれたら鍵を渡してくれる、ってなった

それで、見物人の眼なんか気にもしないで、裏の窓からさらっと空に飛び出して、さぁーっと駅そばの不動産屋に直行。契約書にハンコして、頭金(敷金?)みたいの払って、鍵もらって(担当者は俺に気付いてなさそう)、次はホームセンターに寄って、ダンボール箱とかガムテとかロープとか買って、アパートに戻った

家具とかは少なかったんで、ベッドと布団をホームセンターで買ったロープで括って荷物1。ダイニングテーブルと椅子をまとめて荷物2、服とかは全部カバー付きハンガーラックに入れて荷物3、ゲーム機、テレビ、DVDプレヤー、ソフト類はダンボール箱で荷物4、冷蔵庫は1個で荷物5…夜中までかけて引越し準備完了

さすがに、1時過ぎるとアパートの周りの野次馬もいなくなったんで、まとめた荷物を何回かに分けて、引越し先のマンションに空飛んで運んだ(こういうとき超人って便利だ)

運び終わった荷物を、適当にばらしたとこで終わりにして、最初に運んだ冷蔵庫からビール出してコンビニ弁当食って、明るくなりかけてたけど、ぐーすか寝ちまった
posted by 熟年超人K at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック