2022年04月25日

ランボー超人Bの物語-11 ヒーローにランクアップD

220425↓
「う〜ん、だめだなぁそんなんじゃあ。そんなに優しくぶちかましたんじゃなかったんだろ」殿倉さんの不機嫌そうな声が響いた
「もう少し、大きく飛び出して頂けませんかねぇ」フロアDのトクさんがダメ出ししてきた

クッションの上で、抱き合ったままみたいになってた俺は、遠ケ峰さんの耳元に「今の倍くらいの強さでもいけます?」って囁いた
「ええ、全然平気っすよ」落ち着いた低い声が返って来た

遠ケ峰さんの身体に触れてみて、鍛えられた筋肉とか、しなやかさを感じた俺は、これならもう少し強く当たっても、大丈夫だなって思えた(SITの隊員より身体強いかも)

次はあまり手加減しないでタックルかましたら、銃構えてる格好のまま後ろにすっ飛んで、張ってあったネットにどっさーっと当って、跳ね返って前向きに床のクッションに当った

しまった!かなって思ってフリーズしたら、ゆっくり遠ケ峰さんが起き上がって来たんで、ほっとした
「大丈夫?遠ケ峰さん」ザキさんがあせった声で呼びかける
「OKでーす」って答える声は、苦しそうで余裕ない感じだけど、やっぱりプロのスタントマンってすごい

「いーねぇ。本番もその調子でね」殿倉さんのご機嫌な声がスタジオに響いた
「じゃ、次は、今ふっ飛んだ銃をジンちゃんが拾って、もう一度銃を構えるシーンから超人ランボーが飛びかかって、今度は横に払い飛ばす」トクさんが説明し、待機していたもう一人のスタントマンの窪野さんが大きく頷いた

あの時は確か、大きなデスクの方までふっ飛んで、どっしゃーんみたいになってたけど、今はその辺りにヨギボが何個か置いてあって、念のためか、やっぱり後ろに大きなネットが張ってある

それじゃあ、って銃を持ったジンさんに向かって大きく飛んで、持ってる銃の銃身を掴んで手繰り寄せると、思ったより軽く手元に来たんで、ぽんと横に振った

俺が思ってより、ジンさんは軽々と横手に吹っ飛んでって、7mくらい離れてるネットに相当強くぶつかった
どうもジンさんは、スタントマンの流儀で演者の動きに合せて、少しオーバーめに動きを誇張する癖があって、俺の力が想像を遥に超えていたんで、アクションが増幅してしまったらしい

スタジオ内のスタッフは皆凍り付いて、ジンさんが生きているかどうか、ネットで跳ね返ったジンさんが突っ込んだヨギボの散乱している辺りを、息を呑んで見守ってる(もち俺も)

ごろっとヨギボが動いて、ジンさんが情けなさそうな顔で、右手を上げよろけながら出て来た時には、スタジオ中の全員が、わーっと叫びながら盛大な拍手を送った

「いやー、いやいや、ワイヤーアクションなんて比べもんにならない弩迫力だったねぇ〜」どうやら局内事故にならなかった安堵感からで、報道局の次長さんがかすれ声を絞り出すようにそう言った

「すごかったんだけど、どう本番でもう一度やれるか?」殿倉さんが、最初に冷静になって呟いた
「どう、ネットの状態は?」フロアDのトクさんが、近くにいる大道具さんに声を掛けた。「だめっすねぇ」小さく返事が返って来る

「殿倉さん、いまのカメラテストも兼ねてたんで、カメラ廻ってましたよ」ザキさんがそう言うと、皆がほ〜っと息を吐いた
「よし、それ使おう。スタントの二人には、水越君がリアルなふっ飛び感想を訊く。見てた僕らの証言も使えるぞ」殿倉さんが、張切り始めた
posted by 熟年超人K at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック