2022年03月24日

ランボー超人Bの物語-11 ヒーローにランクアップ@ 

220324↓
まあ結論言うと、二人はちゃんとホテルに泊まれて、ちゃんとした恋人同士になれたんだけど、そこまで行くのに俺、思いっきしあせあせだった

なにしろ、これまでの人生で、もてる方じゃなかったんで(大学でも彼女いなかったし…)、正直、どの段階で今夜泊まれるの?って、聞いたらいいのか分かんなかったんだ

でも、特急で甲府駅に着いて、同じ中央線を春日居町駅まで戻るとかしてるうちに、彼女の方から景色とか、ホテルの建ってる場所から見える川が、笛吹川だっていうこととか、料理の名物がブドウ酒の原料のブドウを食べさせた豚なんだとか、いろいろ話してくれて、俺も、前回泊まったとき、警察官が一杯来て大変だった話とかしてるうちに、やっといつもの調子になれたんだ

部屋に案内されてから、とりあえず大浴場の温泉に入って、ホテルのレストランの美味しい料理と甲府ワインで、二人とも(俺の方が、かな?)ご機嫌になって、最後は部屋に戻って窓から見える夜空の星なんか眺め、ぎくしゃくしつつも段々盛り上がってった

どっちからって訳じゃなく、なんとなく手が重なると彼女の力が抜けて、俺にもたれかかって来たんで、とにかく焦らんように“落ち着け俺”って心で唱えて、なんとか無事に恋人関係に昇格!

俺をはねた宇宙人のタイムトラベラー(名前訊いてなかったわ)が、アソコはそのままにしておいたって、言ってたことが、今頃感謝感謝だったってことだけ、ご報告しときます!

それにして、翌朝の駒ちゃん、いや純ちゃんの可愛らしかったことと、俺の中に彼女を守るぞぉ、って気持ちがむらむら湧いたことが、なんてったって、印象に残ってる
…ということで、初めての彼女との一泊旅行は、素晴らしい思い出になったのであ〜る!

*

そんな素晴らしかった日も、あっという間にスマホの写真で見ることになって、もう1週間経っちまった
駒ちゃんは毎日忙しいし、俺の方も雄仁塚建設から頼まれたビルの解体工事の応援とか、SITの方に顔出しとかで、なかなか会えてなかった

そして、ついについに、SITの出番の日がやってきたんだよ
雄仁塚の現場で昼飯食ってるとき、スマホに成森さんから着信があって「青梅市の信用金庫で人質監禁立てこもり事件が発生したので、至急現場に向かってほしい」だと

解体工事現場の隅さんに事情を話してから、即(警察の呼び出しのときは即行っていいことになってる)、アパートに戻ってランボー衣装に着替えて、青梅市の事件現場にすっ飛んでった(でも現場に直、空からはNGだって言われてたんで、近くの公園に降りてから走って行った)

信金の支店に到着すると、何台ものパトカーとSITの指令車、そして隊員が乗って来たグレイの警察車両のほかにも、テレビ局の中継車や新聞社の車なんかが、わんさかいるしヘリも何機か飛んでる

SITの車に行くと、顔見知りの葛城警部が居たんで、寄ってくと「その恰好かぁ、まああっちの輸送車で待機していてくれ」とだけ言って、後は別の隊員たちと話しを続け始めちゃった

なんか、仲間はずれな感じがしたけど、まあ大人しく輸送車に行って、座席でお呼びがかかるの待ってた
しばらく放っとかれて、なんだかなぁと思ってると、ドアが開いて成森さんが顔を出した

「すまんすまん、まだ人質救出方針が定まってないんだ。犯人は二人。猟銃のようなものを所持してるんで、人質に危害が及ばないよう、上が慎重になってるんだ」その話しっぷりは緊張感あって、ドラマみたいだ

「俺、窓から突っ込んでてって、犯人の銃、取り上げちゃいましょうか?」どうせ撃たれたって平気なんで、ずばっと言うと「いやいやそれはまずいだろ」って、慌てて手を振ってNGを出す

そのままこう着状態が5〜6時間経ってから、SIT隊員の一人がやってきて、ついにお呼びが掛かったと言う
ただし、その恰好はまずいから、こっちの中華料理店の店員の服に着替えてくれ、とか言う

せっかく着て来たのに、とかつい愚痴ると、成森さんも「作戦だから、そうしてくれ」って言う
まあ人質救出が大事なのは俺も分かってるから、文句を言わずに急いで着替えた

大体、超人前は外食チェーンの店長見習いもやってたんで、着替えると我ながら妙に似合った感じになる
「おお、いいな。なんかぴったりだわ」って、チャチャ入れてるのか褒めてるのか分からん成森さんの声を聞きながら、指令車に行くと、葛城警部が「おお似合ってるな。それなら相手も油断するわ」とか言う

作戦とは、犯人に夕食の差し入れを提案して、相手が望んだ炒飯とラーメンを俺が持って行き、隙を見て現場を制圧するという、単純なものだった(後で成森さんから聞くと、俺がなるべく現場をぶち壊さないように、っていう作戦だったらしい。修理代を出したくなかったとか…)
posted by 熟年超人K at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック