2021年03月26日

ランボー超人Bの物語-7超人だってば俺はG

210315↓
歳は40代後半ってとこかなぁ、なんか番長が捨て猫を可愛がるみたいな、素朴な人の良さがあるんだけど、眼はカシッとこっちを見てる
以前の俺だったら、びびってるとこだけど、あの大手組の親分さんよりは大物感無いし、怖さも少ない

「ちょっとビルを壊しちまって…」こう言ったら、どう反応するかな、って興味心もあったんで、正直に言った
「ほー、兄ちゃんあれか、爆弾魔みたいな奴なんか?」ちょっと声が緊張感を帯びる

「いやぁー、そうじゃなくてビルを持ち上げたら、バキバキってなって、コンクリやら鉄材が下に落っこって、危ないってなっちゃいまして、結局ケーサツにご厄介になることになっちゃいまして…」

「なんや、兄ちゃんはクレーンかなんかの運ちゃんなん」どんどん関西弁になってくる
「いやぁ俺、スー〇ーマンみたいに、腕力があってですね…」って、説明できないよね。で、ちょっと鉄格子を持って実演しちゃった訳

「うへぇー」って、おっちゃん驚いた。「まずいぞ、それひん曲げちゃったら」って、真顔になって俺に言う
「そうっすかね」まあ、そうだろうなって思えたんで、よいしょっと元に戻した

ちゃんとは戻せなくって、なんだか随分歪んだ鉄格子になっちまったけど、まあいいか
「それでなんだ、お兄ちゃんは空なんかも飛べるん?」目の色が変わるって、こういうことなんだな、と俺は冷静におっちゃんの顔を眺めた

「ええ、まあ」そう言って、おっちゃんの顔を見ると、別に悪いこと考えてる顔じゃなく、むしろ心配そうな顔をしている
「すると、なんだな、お兄ちゃんは、ここを出て行こうと思ったら、出て行けるんか。

「ええ、まあ、ですねぇ」ついつい本音で喋りたくなるよな、この人と話してると
「だけどなぁ、それはやめといた方がいいぞぉ。スー〇ーマンだなんて自分で言ってるとこみると、鉄砲で撃たれても平気ってんだろ」そうだな、まだ試してないけど、多分へっちゃらなんだろな

「止めといた方がいい、ですかねぇ」マジに聞いちった
「そりゃそうだぜ。めちゃくちゃ力があって、空も飛べて、鉄砲でもびくともしないなんて、ケーサツが許すと思うかぁ。絶対、役人連中がなんとかしようとするだろうし、なんとも出来んってなったら、外国と闘わせようとするか、完全無視か、とにかくお兄ちゃんは、誰かに利用されるか、ものすごく怖がられるかのどっちかだな」そうかな

「じゃ、おじさんは、俺は強いとこ見せちゃだめって言うんだね」
「そうそう。もう見せちゃったことはしょうがないが、なるべく弱みも見せとくんだ。それが世渡りのコツよ」なんだか、いいこと言ってもらえた気がする

「上辻曲勇太郎、会社の社長さんが、面会に来たから、ここから出て」そのとき、看守(監獄じゃないから違うかな)さんがやって来て、そう言いながら扉を開けてくれた
おっちゃんは、眼を逸らして壁の上の方にひとつだけある小さな窓の方を見てる(アリガトおっちゃん)

面会室まで廊下を歩いて行く間に、多分刑事さんとかが何人か居る部屋とか、婦警さんとかとすれ違ったりして、ドラマで見るような雰囲気を味わいつつ、会議室みたいな部屋に通されると、雄仁塚の合田社長さんと、総務部長さんが待っていて、警察の刑事さんみたいな人に頭を下げながら、なんか謝ってくれて、それで無罪放免(!?)になった(俺としてもホッ)

210326↓
総務部長さんが運転する車の、後ろの座席で社長さんと並んで座ると、社長さんが口を開いた
「ゆーたろー、すまんかった。折角、やってくれる気になったのに、めんどうなことに巻き込んじまって」
え、なんのこと?って思ってると

「現場に足場をしっかり造って、養生シートでばっちり隠して、お前の作業をしっかりサポートしてやるから、安心してビル解体、やってくれ!」なんのことかと思ったら、結局それかい!

それから、3日かけて解体ビルの周りに、通常よりしっかりした足場と、厚さを倍にした養生シートが張り巡らされて、足場から滑川さんや、他の現場監督さんが俺に直接指示しながら、要領よく各階を順番に解体していく作業が始まった

なるほど、耳に入れてくれたイヤホンに、ベテラン作業員の隅さんや松っつあんの指示があると作業が捗る
「それじゃない、そっちの、今、お前の手が触ってる、それそれ、その鉄骨を思いっ切り引っ張れや!」てな声が耳元で聴こえるから、安心して力が出せる

その日、仕事時間が終わって、会社を出るタイミングで、駒沢さんから携帯に電話があった
それが嬉しくて、今日やった解体作業のことを話すと「それって、スー〇ーマンしてるってこと?」って、訊いてきたから「そうだよ」って素直に答えたんだ

そのことがいろいろ尾を引くんだけど、あとで駒沢さんから聞いた話だと、そのことをフロアDのザキさんに話したら、その様子を取材させてもらえって言われたらしい
翌朝、駒沢さんから電話があって「ビルの解体作業を取材させてもらえないかな」って言われた

「社長さんが、何て言うかわかんないから、テレビの取材だって言ったらいいんじゃないかな」って、思った通りを口にしたら、昼前に雄仁塚建設にザキさんと取材の申し込みに来たらしい(俺は解体現場)

社長さんは、どうも競争会社に俺のことは隠しときたかったみたいなんだけど、結局、大げさなテレビカメラじゃなく、駒沢さんの手持ちカメラくらいなら、いいってことになった
posted by 熟年超人K at 22:04| Comment(0) | 書き足しお気楽SF小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]