2022年10月25日

ランボー超人Bの物語-15 こりゃヒーロー誕生か?!D

221025New↓
「えっ」と言った切り駒沢さんは固まってしまい、俺の方が困った
「自分の方から辞めるって言ったの?」やっと声が出た
「うん、まあ…そんな感じ、かな」「渋谷で暴れたのを言われたのね」「うん…まあ…」
「なら、しょうがないわね。いつものSITの人たちじゃなくって、別の、管理する役目の人からよね」よく分かってるじゃん

「殿も、同じようなこと言ってたのよ。まあそっちの方は、マスコミが味方するから、多分、そんなに問題にはならないだろうって。後は、ネットよね。どっちに転ぶか分からないのは…」駒ちゃん、考えてくれてるんだ
俺は、それだけで嬉しくなっちまって、アンド、駒ちゃんの機嫌も直ったみたいだから、ちょいリラックス
「じゃ、中に入れてくれる?」「そうね、ここ貴方の家だし、今、開けてあげる」助かった〜

やっと入れた自分の部屋で、駒沢さんと向かい合うと、なんだか変な気持だ
「なんか心配かけちゃってて、ごめん」って、素直に謝れて良かったぁ、なんだけど…これって変じゃない?
まあ、とにかく無事に部屋に入れたし、駒ちゃんも居るしで、俺はいい気分に浸…ろうと、した

「さっきの話だけど、勇太郎さん、警察の仕事辞めるってほんと?」さらっと駒ちゃんが喋った
「うん、まあ…。こないだの半グレ退治がやり過ぎだ、みたいなことで叱られたんだけど、いつまでもグチグチ言ってるんで、じゃあ辞めます、みたいになっちゃって」なんか言い訳がましいな、俺

「そう、いいんじゃない、辞めちゃったら」おっと、そう来る
「辞めるのに賛成なの?」つい、訊いちゃう俺
「辞めた方が、いいと思うよ、わたしは。どうせ、警察ってお役所でしょ。勇太郎さんのやりたい正義の味方、ちゃんとできないことがこれからも出て来るよ、きっと」そうか、駒ちゃん、考えてくれてたんだ

「うん、それでさっき退職願、書いてたんだ。で、ハンコが無かったんで、取りに戻ったって訳」
「そうなんだ。なんか最近逢えて無いから、ちょっと怒れちゃってて、ごめんなさい、意地悪して」おお可愛い!

てな訳で、俺は退職願の書き方を駒ちゃんにチェックしてもらって、ハンコついてから封筒に入れて、宛名をどうしようって迷ってたら、駒ちゃんが、上司の方の名前を書くのよ、って教えてくれた
それで安心した俺と駒ちゃんは、もうそんなこと忘れて、楽しい時間を過ごすことにしたんだ
posted by 熟年超人K at 11:29| Comment(0) | 書き足しお気楽SF小説