2022年10月03日

ランボー超人Bの物語-15 こりゃヒーロー誕生か?!A

221003↓
えっ、香澄といえばカスミン!
なにを隠そう、俺は昔っから大フアンであった。FC会員証も持っている!
さっきのマミちゃんは、見てフツーに可愛いなって思えるんだけど、カスミンは全然別格!

多分、今、あそこらから出てきたら、俺、感激してどうなっちゃうかわからん。それくらい
駒ちゃんも大事だけど、こういうのは比べられるもんじゃないんだ

あれは俺が東京と言っても、都下にある三流大学に入った頃、学祭のゲストで来た新人女優さんが、雪村香澄だったのだ
大部分のフアンがユッキーとか呼んでたのを、へそ曲がりの俺は“カスミン”って呼んでた

今カスミンって言えば、別のスポーツ選手になるけど、あの頃からカスミンて言えば、香澄しかいない
まだ新人女優で、司会とのやりとりは初々しかったけど、なんていうかオーラがあったんで、俺は惚れた

でも、三流大学のパンピーだった俺と、カスミンなんて接点あるわきゃなくって、後は映画かテレビドラマで観るだけだった
それでも、ずっとフアン気分でいられたのは、俺の中のなにかとカスミンの見た目と波長が合ってるからかな

なんか語っちゃったけど、これは部屋に残った俺が、ほんの一瞬考えたことを思い返してのことだけで、実はさばさばと、この局からさよならして、渋谷のマンションに飛んで帰ったんだ

帰るとパソコンの方にメールが届いていた
警視庁って言うことは、星崎さんか成森さんだなと思って、クリック

送信者は、総務部人事一課の勝呂克己さんっていう、全然知らない人だった
<週明け 20日14:00 本庁11階B 人事1課に登庁して下さい>と、なっているだけのメール。は〜ん、って感じ

それでもなにか嫌な予感がしたんで、一応電話し易い成森さんに電話してみた
電話の返事は「俺はなにも知らん。課長も知らないと思う。あそこからの呼び出しは、できるだけ話に逆らわずに、はいはい聞いとくしかないから」それだけ言って、電話は切れた

こりゃあ、いい話である訳ないなって思ったんで、最悪、半グレ退治で怒られるんなら、辞めてもいいかって、覚悟決めた
まあ、大分有名になったから、どこかっから声が掛かるかも知れんし、雄仁塚建設に戻るのも有りか

そこまで考えて、あれっ俺って超人じゃん、なんで仕事先探さないと、って考えてんの?って笑っちゃった
そりゃ、このマンションの家賃とか、飯代とか心配だけど、なんとかなるんじゃないの超人なんだから!
posted by 熟年超人K at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説