2022年01月28日

ランボー超人Bの物語-9 超人って楽しいかもE

220120↓
その日は、駒ちゃんが遅くまで仕事があるって言うんで、一人でアパートに帰った
もち、コスチュームを活かせる超人フライトで、びゅーんだ

部屋に戻って、缶ビール飲みながら、殿倉さんが言ってたこと思い出した
「これで勇太郎君は、政府公認のスー○ーマンになったんだから、これからはドシドシ番組に出演してもらうよ」ってことは、アイドルとか女優さんとも知り合いになれる、ってことだよな

そんな軽い俺じゃいかん、って気持ちと、いいじゃんもうかなり有名人なんだから、アノ業界に馴染んだって…
って、妄想しながら、いかんいかん、駒ちゃんがいるのに、ってもう一人の俺が、軽い俺を叱る

テレビを観てると、駒ちゃんの言ってたお笑い芸人の番組をやってる
スタジオの様子も何回か見てるんで、カメラワークとか、多分あそこでADがカンペ見せてるんだろうな、とか俺って結構業界人じゃん、なんて一人ツッコミして笑った

翌朝になって、いつもの俺に戻った
戻ってよく考えてみると、これから俺、警察官になるのか?真面目じゃないといかんのか?警察やってないときでも、いろいろうるさく言われるのか?って、段々気分が暗くなってく

大体、これまでお世話になった雄仁塚建設、どーする。このまま辞めさせて下さいって、言うのか?
勝手に押しかけて、ばっきばっきにぶっ壊しといて、それでも収めてくれた大手組の会長に、テレビ番組でいい加減なこと言わせて、こっちは知らん顔でいーのか?

頭ん中で『?』が、ぐるぐる回ってるぞ
まあ、超人だから、別に誰にどー思われても、関係ないっちゃそれまでだけど
だけど、俺、それでいーのか。昔っから、そーゆーの、嫌いだったよな

一応、問題点を全部、紙に書いて、改めて眺めてみた(問題解決法として大学で教えてもらった方法だ)
で、結論が出た
つまり、警察の仕事は最優先じゃなくて良い、ってことだ

星崎さんも言ってたように、俺は好きなようにやっていいんだ
だから、まず大手組の会長さんのところに、お詫びに行くことにした。って言っても、別にB力団と親しくなるって訳じゃなく、筋だけは通さんといかん、って死んだ親父がよく言ってた言葉が浮かんだからだ

ちょっと窮屈になってきたコスチュームを着て、窓から飛び出そうって思って外を見てびっくり
人が、大勢群がってる。マスコミだけじゃなく、近所の人も知らない人も、とにかく人人人じゃん

こりゃあ、早くここ引っ越さないと、まずいぞって真剣に思った
そう言えば、この前、山梨県に逃げたときに、住所わかちゃってるの、わかってたじゃん

それにしても、引っ越すにしても、次のアパートとかマンション、不動産屋さん、紹介してくれるかなぁ
超人だって、家欲しいし、のんびりくつろぐ場所要るし、彼女を呼べる部屋、欲しいし…

そうか、そういうことは、有名人のことよく知ってそうな、殿倉さんとかに相談してみよう(って考えたら気が軽くなった)
じゃ、ここは近々引っ越すんだから、別に出撃するとこ見られたって良いんだ

220128↓
ところが、引っ越そうかなと思って、スムトコショップに行ってみたら、俺、中途半端な有名人だってことが、マイナスだってことが分かった
まず、超人ランボーなんて変に有名なだけで、普通の部屋が借りられない。すぐ壊す奴だと思われてる

今のアパートの大家さんだって、俺が怒るのが怖いから、出てってくれって言えないだけかも知れん
って言うことは俺の場合、家は借りるものじゃなく、買わなきゃいかんものってこと!?

ショップから出て、こりゃ俺の将来は暗いかもなぁ…って、へこんでると、駒沢さんから電話が入った
「勇太郎さん、殿倉さんが新しい企画があるから、局においで頂けませんかって言ってるんですけど、どうですか」…なんか、ぎこちなくない?って思ったけど当然、元気よく「行きます!」って返事した

どっちで行くか迷ったけど、電車代がもったいないんで、コスチュームにして、空を飛んで行くことにした
窓から飛び立つとき、結構アパート裏にも人が居て、スマホやらカメラやら向けられたけど、俺はさっと飛び上がったんで、そんなに撮られなかったんじゃないか

大分慣れて来たんで、ちゃんと正面玄関前に着地して(見学の人達が「おーっ」ってなってた)、堂々と入って行って、受付の女子スタッフさんに受付てもらった
俺の姿見て分かったみたいで、別に守衛さん呼ぶとかはなく、ちゃんと駒沢さんを呼んでもらえた

駒ちゃんには、電話もらったときに、アパート引っ越そうと思ったんだけど、なかなか紹介してもらえなくて、困ってるんだ、って話しをたら「殿倉さんに相談してみます」って言ってたんで、それも訊きたかった

遠巻きにこっちを見てる人が増えて来たのを見て、駒ちゃんが「こちらへどうぞ」とか言って、コスチューム姿の俺を連れて、エレベーターに案内してくれた(もう誰も見てない)

エレベーターの中って、どうしてあんなに喋りにくいんだろ
久しぶりに二人っきりになれたのに、傍にいる駒ちゃんは、ばりばり感じてるのに(って言うか感じてるからか)、なんかもう口がきけない

そしたら「引っ越すの?」って、駒ちゃんがぽつっと言った
「あっ、うん、まあ今のアパート皆に知られちゃって、人が集まってしょうがないんで…」無理やり声出した

「そうだね、勇太郎さん、今や有名人だものね」また、ぽつって言った
俺が、返事しようと思ったら、ドアが開いて、待ってる人も居て、駒ちゃんも「どうぞ」とか言うんで、二人タイムは終了、俺は駒ちゃんに続いてエレベーターから出た

駒ちゃんに案内されて、今まで入ったことのない部屋に入ると、なんか高そうな楕円形の会議テーブル(椅子は10個)があって、殿倉さんと、前に見た偉そうな人と、もっと偉そうな高級紳士服の人が座って待ってた

「やあ、これはどうもどうも。さっ、こちらにどうぞ。暑かったらマスク取って頂いて、構いませんよ」って、殿倉さんがニコニコ顔で言うんで、俺も頭から被ってるマスクを脱いだ

「ご紹介しましょう、こちらが報道局次長の冠沢で、こちらはお会いしたことのある番組プロデューサーの御香山です」って、丁寧に紹介されたんで、俺もぺこりと頭を下げて「上辻曲です。超人ランボーやってます」って挨拶した(駒ちゃんは俺を残して部屋を出てっちゃった)
posted by 熟年超人K at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説