2021年11月15日

ランボー超人Bの物語-9 超人って楽しいかも@

211106↓
アパートに戻ると、テレビの報道陣はもういなくなっていて、警察の車とかもいなくなってた
緊張が解けると、今日はよく働いたんで、腹が猛烈に減っているのに気が付いた

普通にアパートの前に降りると、男の人が寄って来た
「ランボー超人さんですね。週刊風評の大辻と言います。少しお話、伺わせても良いでしょうか」とお願い口調だけど、随分強引な感じで話してくるんで、どっちかっていうと大人しい俺としては、その迫力に呑まれて、思わず頷いてしまった

と、そのとき、もう二人男の人が出て来て、その週刊誌の記者さんらしき人を両側から挟むようにして「お宅はどこの社?」って、すごく硬い雰囲気で話しかけてる(警察?)

結局、その週刊誌の記者は追い払われて、俺はお構いなしみたいなんで、とにかく部屋に戻った
早速あの警視総監か、星崎さんが手配してくれたんだなって、そのときは重要人物になった気がして、ちょっと嬉しかった(後で、誤解だって気が付くんだけど…)

冷蔵庫の中には、第3種ビールと高原水くらいしか無いのがわかってたんで、非常食用の箱の中の即席ラーメンと缶詰を見つけて、お湯を沸かしてると、スマホから駒沢さんの呼び出し音が流れてきた
ムチャクチャ嬉しい音に、俺が上々機嫌で耳に当てると「勇太郎さん?」って、優しい声が飛び込んできた

「大丈夫?」という嬉しい声に続いて、「近くまで来てるんだけど、貴方の家の周りに、マスコミの人っていない?」だって
「いたけど、さっき警察の人が追い払ってくれたから、大丈夫っぽいよ」部屋に来てくれそうな話の展開に、わくわくどきどきが止まんないぞ!

「警察の人って、きっと貴方のアパート見張ってるんでしょね。でも、いいわ。警察に文句言われるようなことないし。今から、晩御飯の材料持って、貴方のとこに行くわね!」なんか、決心した女の人ってすごいな

「わかった、待ってる。気を付けてね」そう言っといてから、部屋の中見回して、俺はあせったぞ。すんごくちらかってるじゃん!
大急ぎで、部屋を片付けようとしたら、またスマホが鳴る(駒ちゃんじゃない)

「上辻曲さん?警視庁の成森です。先ほど排除した週刊誌の記者が、貴方への取材について、本人のOKをもらってる、と言っとるんですが、事実でしょうか?」そうか、さっきうっかり頷いちゃったんだっけ
「ええ、まあ…。なんとなくそうなっちゃいましてぇ…」

「そうですか…。あ、今、女性がそちらに向かったようなんで、週刊誌の方は、こっちで断っときましょうか?」おお、なんて気が効く、成森さん
「そ、それじゃあ、よろしくお願いします」感謝です成森さん

211115↓
コンコン、って小さくドアを叩く音がする
おおっ、とうとう駒沢さんが、俺の部屋に来たんだ!

ドアを開ける前に、もう一度部屋を見回して、駒沢さんが見たらやばそうな物がないかチェック
パンツと靴下と汗になったシャツを丸めて洗濯籠に放り込んで、読みかけの雑誌とマンガ本を重ねて部屋の隅に押しやってから、ドアに向かう

ドアが開いて、懐かしい(ってちょっと前に合ってるけど)笑顔の駒沢さんが立っていた
「ど、どうぞ、中に入ってください」って言いながら、どんな風に感じるんだろう、男の部屋に入ってなんて言葉(でも他に言いようがないじゃん)聞いて

でも「じゃ、失礼します」って言うと、すごく自然にドアを閉ると、靴をきれいに揃えて上がって来た
俺はって言うと、なんかどきどきで、彼女が動いた後のいい香りに包まれて、ぼぉーっと突っ立ってるだけ

「お台所、あちらですか?」と言って、俺がうんうん頷くと、持ってきたスーパーの袋持って、そっちに行く
彼女がなんかやってる間の俺は、ただ座ってるだけで、しょうがないからテレビ点けて、なんとなく画面眺めて、初彼女料理が出来るの待つのみなんだよな(ふふ)

彼女と二人の夕食は、ほんとっ楽しかったし、旨かったぁ
俺が、あんまりばくばく食べるんで、駒ちゃんは驚いてたけど、でもよく笑ってくれた

テレビの方は、しょうもない番組だったけど、彼女がADやってたっていうことだったんで、俺は結構細かいとこまで見て感想言って、ついついご機嫌取ったりなんかしちゃったりで、でもそれが幸せだった

俺の方も、今日、警視庁に乗り込んで、警視総監に直接会った話とかして、のりのりだった
結局、楽しい時間もいつかは終わるって言うか、もうちょっと先の展開まで期待してたんだけど、さすがにそうはならなくって、帰りにちょっと俺のほっぺたに彼女の唇が触れたとこまでで、さよならになった

俺としては、こんな夜遅くに彼女を一人で帰す訳にはいかないから、って又、空を飛んで彼女のマンションまで送る積りだったんだけど、あれは寒いからもっと暖かくなってからにして、なんて言われて、歩いて駅まで送ることにした

アパートの外に出ると、なにやら人が物陰にいるのが見える
ははあーん、警察の連中だな、って思ったけど、成森さん(あるいはその上の星崎さん)の指示だと思って、見破ってると分からせるのは止めといた

駒沢さんは、気が付いてないんで、普通に俺に寄り添って歩いてくれてる
さらに駅に向かって歩いてると、警察以外(だと思うけど)の黒い車がゆっくり後ろを付いてくる

多分、あの週刊誌の記者か、または別の写真週刊誌のかと思ったんで、彼女の腕を取って「ちょっとごめん」と一言断ってから、路地に飛び込んですぐ、彼女を抱いて灯の消えたビルの屋上に飛び上がった

超人になってから、その気になると夜でも普通に暗闇のものが見えるし、遠くもよく見えるんで、黒い車が停まって人が降りて来たところや、街路樹の陰から二人コートの男が飛び出して来たのも全部見えた

駒沢さんは、かなり慣れっこになってきたみたいで、そんなに驚きもせず「誰かついて来てたの?」と、小声で俺に囁いただけだった
むしろ、誰もいない6階建てのビルの屋上から、下の右往左往してる様子を見て、面白がってる
posted by 熟年超人K at 14:31| Comment(0) | 書き足しお気楽SF小説