2022年06月22日

ランボー超人Bの物語-13 本気で正義の味方やってみるA

220622New↓
東京 危ない場所 で検索すると“渋谷駅付近”と出て来る。近いので、そこから行ってみようってことにした
引っ越してきたマンションのある辺りは、危ない感じなんてまるっきりないんだけど、確かに駅の方は人(特に若い奴)が多くて、なんか面白いことないか系の連中が集まってるはずだ

5階のベランダから、夜の街に向かって飛び出すのは、映画の主人公になった気分がして、かなり盛り上がる
着てる服は、もちTテレのコスチュームじゃなくって、デニムの上下の私服だ

上空から眺めて、人が居なさそうなとこを探して、すっと降りる
それから、さっき見つけた店先に若い連中が群れてた、コンビニ目指して早足で向かう

近づいてくといるいる、若い奴らが十数人コンビニ前に集まって、座り込んでくっちゃべったり、飲んだり食べたりタバコ吸ったりしてる
俺が寄ってくと、じろっとこっちを見るけど、目線は合してこない…って言うか、無視されてるのありあり

あいつらから見ると、俺はおっさんなんだろな
「なあ、君ら、この辺りにいる半グレ集団って知ってる?」普通の調子で単刀直入に質問してみた

効果てきめんって言うのがこれだな、って笑えるくらい、連中の反応がすごかった
十五、六人のうち、十人ほどいる野郎らの眼がぎらってなり、その半分くらいの女の子らは薄笑いになった
あと一人だけ金髪の白っぽいスーツ野郎が、無表情になった(超人じゃなかったらぶるっちゃうとこだよ)

「お前、なんなんだよぉ。サツかここらの自警団かぁ」高校生くらいのスカジャンの男の子が、イキがった口調で、俺にかみついて来た
「よーせよせ、こいつきっと週刊誌かなんかの記者だよ。俺らの話がききたいだけなんだよぉ」紺色のトレーナーの少年が、スカジャンをなだめる

「おじさん、ほんとなんなの。もしかして、ユーチューバーかなんか?」赤いミニスカの女の子が、話に加わって来た(…にしても、俺、おじさん!?)

「まあそんなもんだって思ってくれていいよ。ねえ、どこに行ったら会えるか、知ってる人いるかなぁ」どう間違われたって、別に構やぁしないんだけど

「おっさん、あんた格闘家かなんか?」「えーっ、格闘家なんかに見えないじゃん」「ばーか、そう見えないようにしてるだけなんだってぇ」連中同士で勝手に喋り始めちゃって、俺、どうしたもんかな状態

「あんたさぁ、ジャガーズに会って、どうしたいの」金髪が、ぼそっと喋ったら、他の連中はぴたっと話すの止めた。やっぱ、こいつがこの連中の兄貴分、って言うか、怖がられてる奴なんだな

「ジャガーズって言うのか。ここらの半グレは」きっかけさえできれば、後はラクショーだぞって、この時点ではそう思ってた。で、少し強めに出てみた

「てめえ、どこの組のもんだ。春日部か権藤か、そんなとこだろ」…なんか勘違いされてるけど、まあいいや
「どこだっていいじゃねぇかよ。お前らんとこに連れてけよ!」思いっきし強気に出てみた

予想通り、金髪はそれほど上の奴じゃなかったみたいで、ちょっと隅の方に移動すると、スマホで連絡摂り始めた。その様子と、平気な顔で突っ立ってる俺の方を代わる代わる見ながら、若い連中は、少し距離を開けるように動き始めてる

「お前、ひとりか?」「ああ」って答えると、またスマホで話し出す
「よし、連れてってやるわ。一緒に来い!」金髪野郎の緊張感が伝わる。若い連中にも伝わったか、皆、そろそろこの場から離れてってる

肩を怒らせるってぇのの、見本みたいな感じで、前を歩く金髪は背の高さも体型も、俺と良く似てる
こんなんじゃ、暴力集団の中じや苦労してるだろうなって、ふっと思ったんで声をかけてみた
「よお、お兄さん、名前なんてぇの?」後姿がぎくっとして、立ち止まった

「うるせぇよ、なんなんだよてめえはよぉ」立ち止まると振り返って、顔を低くして下から上目づかいに、俺のこと睨む。それでも俺がどの程度のランクか分からんもんだから、あんまり強気に出られない

「いやぁ、わざわざ案内してもらってるんで、後でお礼するとき、名前が分かってた方が良いんじゃないかって思ってさ」ちょっと笑顔を見せてやった
posted by 熟年超人K at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説

2022年06月18日

ランボー超人Bの物語-13 本気で正義の味方やってみる@

220618↓
俺自身、せっかくスー○ーマンになったのに、別にハリウッド映画みたいな怪獣も、世界征服を狙ってる奴らも出て来ちゃくれないんで、正直、自分がどれだけやれるのか、確かめてみたい気があったんだよね

とにかく、ただ突っ走ったら、大体警察が出て来ることになっちゃうってのは、これまでに学習できてるんで
だから、警察に入っちゃうのは正解だったと思う。とりあえず、ここまでは上手くいってる

今度、テレビ局の力で、俺の助けを本当に待ってる人が出てきてくれたら、俺はスーパーヒーローらしくなれるんじゃないかな
それが、俺が超人になった理由なんだろ、って本気で考えてるんだ

数日後にあった企画打合せで、ザキさんが3件の『助けて超人ランボー』の候補案件を出してくれた

1つ目は、つい最近、地域で使っている工業用水、農業用水、生活用水を賄っている水源ダム(っていうのがあるらしい)の底が抜けて困っている件

2つ目は、いろいろな犯罪が多い大都会(東京、大阪、名古屋の繁華街)での、暴力団や半グレ、不法滞在外国人集団とかをどうにかして欲しい件

3つ目は、カラスとかハトが集まってるので、困っているから追っ払って欲しい、っていう件だった

それと、別格に外国で起きている戦争や、独裁者の横暴を止めてくれっていう案件もあったけど、それは国際問題になって、局の手に負えなくなるから取り上げませんって、ザキさんが念押しした

じゃあ、どれやるって皆の意見を出し合うことになったけど、1はただ大きい岩とか、コンクリートの塊を現場まで持ってって放り込む、ってだけじゃ済まなそうだし、関係の役所を廻るだけでも大変ってことで見送り

2は、ある意味一番俺に向いてるかなって思うけど、ワルの拠点を探して、俺がスーパーパワーで殴り込むって訳にはいかない(警察とのこともあるし)だろうな、ってなって見送り

なんだか、カラスが集まって困ってる件しか、やるのがないみたいな話になって来たんで、俺としてはそんなんのやりたくない、ってはっきり言ってやった

「そりゃ空も飛べるし、カラスなんか追っ払うのは簡単だけど、わざわざ俺がやらなくったっていいでしょ」
しかも、局スタッフの誰かなんて、カラスを追っ払うって言っても、区役所や市役所の許可が必要だって言うんだから、話にならないじゃん

「やっぱり、俺は俺らしく、俺が思った通りの正義の味方させてもらいます。そう言う意味じゃあ、2個目の奴だけど、別にテレビのためにやるんじゃないから、勝手にやらせてもらいます」って、言うだけ言って、俺は部屋を出ちゃった(慌ててザキさんが追って来たのは分かってたけど)

なんか怒れちゃったんで、ぷんすかしながら屋上に上って、そっから空飛んで帰っちった
マンションに戻って、ビール飲んでるとメールの着信音がしたんで見てみると、駒ちゃんから“今日はごめんね 局の上の方はがっかりしてたけど わたしはあれでいいと思うよ”…だって。元気復活した

それで、勢いが出て、別に酔っ払い運転って訳でもないから、夜の街にワル征伐に出かけることにした
じゃ〜ん。さあ、どうなるかな!?
posted by 熟年超人K at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説

2022年06月04日

ランボー超人Bの物語-12 人気者っていろいろ大変C

220604↓
久しぶりのTテレ会議室には、チーフDのザキさんの他に、バラエティ番組「ちょちょっと紺ちゃんお邪魔します」のメインMC、ドガチャカの紺多勇介と相方の野々山篤太、アシスタントアナの泊望海(トマリノゾミ)、そして5人の番組スタッフ、その端っこにはADの駒沢さんもいた

なんか久しぶりに駒ちゃんの顔を見て、俺は皆に分からんように合図を送りたかったけど、知らん顔してるの見て、適当な合図なんて思いつかず、逆になんかぎくしゃくしちまって、そのままぶすっと席に着いた
そんな俺の様子に心配が増したのか、ザキさんがちょっとおろおろした感じで「え〜、それでは、ご紹介します」って、話し始めた

「こちらがTテレの木曜夜8時からの看板バラエティ番組、“ちょちょっと紺ちゃんお邪魔します”のクルーの皆さん方です」ザキさんの言葉に合せて、3人組がそれぞれの個性に合わせて、お辞儀だったり、よっ、だったり、やあ、の仕草で俺に挨拶してきた

俺だって、相手がテレビでおなじみの人気漫才コンビ“ドガチャカ”の二人と、美形女子アナの望海ちゃんなんで、ついついにこにこ笑顔で「あ、どーもー」って、サービス挨拶した
「いやあ、実物の超人ランボーの中の人って、親しみ易くって、人気者の要素一杯持ってるんだねぇ」早速のヨイショは売れてる方の、紺ちゃんこと紺多勇介で、隣でちょっと掴みどころがない顔して座ってるのが相棒の野々山篤太だ

「上辻曲さんは、超人ランボーさんってお呼びするの、ちょっと噛みそうなんですけど。ランボーさん、じゃハリウッドからクレーム来そうですし、やはり、ユータローさんですかねぇ」ちょっと外す感じの受け答えで売ってる泊望海アナが、意表を突いた質問をしてきた(駒ちゃんはテーブルの上の台本から目を上げない)
「俺はなんて呼ばれてもいいんですけど…」って、ぼそっと返事したんだけど、別にその返事はない

「それは、超人ランボーさんでお願いします。警視庁の方から、そう呼ぶように依頼が来てますもんで」ザキさんが、さりげなく俺の発言を修正した

「超人ランボーさんは、ある意味一般の方でもあるんで、特に何かを演じて頂くようなことはございません。僕らスタッフが全力で依頼主を調査し、ただの冷やかしや、個人的な利益追求ではないことを、しっかり精査します」スタッフの中のちょび髭の男性が、妙に歯切れのいい話し方で付け加える

「番組に応募があったり、現在の日本で本当に超人ランボーさんの力が必要な方と、ランボーさんをお引き合わせしますので、ご納得の上、ランボーさんの力を発揮して問題を解決する。その様子を取材させて頂き、後日、編集データをご確認頂いて、OKを頂いた案件のみ、後日放映させて頂くと言う手法を採ります」ザキさんが話をまとめ、出演者たちも大きく頷いている

「まあ、そうしてちゃんとした形で、人助け出来るんなら、俺、やってみてもいいですよ」って言いながら、駒ちゃんをちらっと見ると、相変わらず下を向いたままだったが、特に反対らしい雰囲気はなかった
posted by 熟年超人K at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説

2022年05月31日

ランボー超人Bの物語-12 人気者っていろいろ大変B

220531↓
うっかり自分から言い出したみたいになっちまって、俺としては、しまったかなって反省する部分もあったんだけど、結局まあいいかってことで、それ以上くよくよ考えるのは止めた

でも、駒ちゃんには相談しといた方がいいかな、って思ったんで、軽く事情を説明しつつ、今夜とか明日、こっちに来れる?ってメールしといた。が、返事はないまま
― なんだよ、この前のこと、まだ怒ってんのかなぁ?

しょうがないんで、もしお助けマンみたいにやるんだったら、どういう場合はやってもいい、こういう場合はやりたくないってこと、先に決めとかないと、なんでもやるになっちゃって、いつか困ることになるんじゃないかって、俺的には珍しく閃いた

じゃあ、どういう場合だよ、ってもう一人の俺が、うだうだ迷ってる俺に口を出して来る
う〜ん困った。昔っからあんまり深く考えない方だったけど、超人になってからは、なにが起きても大体何とかなるから、ぜ〜んぜん考え無くなってたんだよな

一個だけ言えるのは、家直して欲しいとかは、建設業界に悪いからやりたくないな、ってことぐらいかな
て言うことは、俺じゃなくっても誰かに頼めばできることなら、俺がしゃしゃり出ること無いじゃんってことだろ

そんなこと考えてたら、メール着信音が鳴った
おっ駒ちゃんか、って思ってスマホ取出して見ると、ピンポーン、駒ちゃんからのメールでした(嬉!)

“ひとつだけアドバイスします 局の依頼でお助けマンとかやるんだったら 助けに行く先が 本当に貴方の力を必要としているのか 局が必ず調査しておくこと その結果は局が全責任を負う それをしっかり約束させておくこと そこは必ず念押しするようにね”
おおっ、なんか頼もしいつーか、上から目線の指示だなぁ

それ以外のことはコメントないとこみると、まだなんか怒ってるんかな
でも、なんにも怒られるようなことしてないのに、ってついグチりたくなる俺(ぶわーって飛んでって、さあーって連れて来ちゃおうか!…なんて嘘、それやったら駄目でしょ)

でも駒ちゃんのアドバイスは、いいとこ突いてたと思う
翌日ザキさんから、会いたいって連絡があったんで、会う前にお助けする場合、依頼して来た相手のことは、局の責任でしっかり調べといて欲しい、ってことと、ついでに建設関連的な話になるんだったら、やらないってことも伝えた

ザキさんも、まさかそんな話になるなんて想像してなかったみたいで「上の人としっかり相談してお答えしますんで、ちょっと日にちを頂けますか」って話になって、その返事が来たのは翌週だった
駒ちゃんからは、相変わらず連絡がないので、俺は落ち込んだままの4日間だった
posted by 熟年超人K at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説

2022年05月24日

ランボー超人Bの物語-12 人気者っていろいろ大変A

220524↓
それでも、次の角を曲ったとこで、一気に8階建てのビルの屋上まで飛び上がって、女の子たちを撒いてあげた
だってどうせ、俺の後なんか付いて来たって、いいことなんかないもんね

それでも、女の子たちに追いかけられることなんて、俺的には人生初めての経験だから、なんか嬉しい気分になっちゃうのはしょうがない

そんな話を夜、駒ちゃんが来たときに喋ったら、ちょい機嫌悪くなったみたいで(俺ってデリカシーないな)
「ふーん、勇太郎さん嬉しそーね」って言っただけで、話が途切れちまった

もち、しまった!って、俺だってすぐ気が付いて「今日、局でなにか面白いことあった?」って、間抜けな話題転換してみたけど「別にないよ」ってなって、俺的には他の話題が出て来ず、もう黙ってテレビ見てるだけ

ってなると、時間経つののろくなって、俺の頭の中じゃあ、なんか別の話題探さなきゃ、ってなってますます重い時間の中を、もったらもったら歩いてる感じ

「じゃあ、時間遅いから、もう帰るねっ」って、駒ちゃんが言ったときには、まずいぞまずいぞって気持ちと、なんか少しほっとした気持ちと、もうなんか分からんけどメンドクサイナーって思う俺の三人が、ぼーっとしちゃってるだけだった

別に女の子たちとなんか話した訳でもないのに、なんであんなに怒るみたいになるんだろ、って正直思った
新しいマンションの夜は、こうしてうんとつまらないものになってしまったのであ〜る

それから1週間、SITの訓練と雄仁塚建設の仕事が交互に入ったお蔭で、俺は忙しくなったんで、駒ちゃんの連絡が無いことが、別に気にはなってなかった

さすがに、これはまずいだろーって俺だって思うこともあったんで、何回かメールしたけど返信もなく、電話かけても留守電の案内メッセージしか聞けないんで、なんか怒れてきて、もーいいや!状態

そんな駒ちゃんが怒って(?)帰っちゃった日から8日後、ザキさんから電話があった
「超人ランボーさんの出演依頼が殺到してるんですが、上辻曲さんのご予定ってマネジメント可能なんでしょうか?」いつものザキさんらしくない、ちょっとよそよそしい感じがした

「出演依頼って、またニュース番組かなんかですか」
「いや〜、それがウチの局のバラエティ番組なんですよ。それも3本」へえ〜、Tテレのバラエティって言うと、お笑いのコンビが司会してるお昼のやつとか、かなぁ

「どんな風に演るの期待されてるんっすか。俺、お笑いとか観るの好きな方だけど、話なんてうまく出来ないし、オチ付けるなんて絶対無理っすから…」これは正直本音だ

「それは大丈夫ですよ。超人ランボーさんとして出演して頂ける場合は、MCが上手く回すんで、超人ランボーさんとしては、例えば空を飛んでバスケのリングにダンクで叩き込むとか、とにかく今まで見せたことのない超能力をご披露頂く、とかですねぇ」…なんだ見世物になれってか

「そんなのお断りします。まだ、実際に困ってる場所に出かけて行って、その問題を解決するとかなら、俺が出る意味もあるとは思うんですけどね」ついつい、こっちから喋っちまった!

「そう、そうか、そりゃ名案ですよ!そうか、いいなあ、日本列島、住んでる方のお悩み解決します!そう、そうですよ、それなら超人ランボーさんにわざわざ出演して頂ける意味もあるってもんですよ!」すごいノリノリになっちゃったよ、この人
posted by 熟年超人K at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説

2022年05月16日

ランボー超人Bの物語-12 人気者っていろいろ大変@

220516↓
目が覚めたとき、あれっ、ここってどこ?みたいに一瞬なったけど、すぐに引っ越したんだ、って思い出した
早速ベランダに出て、マンションの周りの景色を、いい気分で眺めてみた

不動産屋さんと、いくつか物件見て回ったときは、部屋の中とか家賃とかに注意が向いてたんで、周りの景色なんてあまり覚えてないんだけど、今見るとなかなかいけてるじゃん、って思える(駒ちゃんもそう思ってくれる?)

向かい側にも、同じくらいの高さのマンションがあるけど、こっちより新しくてかっこいいのがちょい残念
下の通りを見下ろすと、歩道には歩いてる人が見えるし、車の通りも多い。やっぱ都会だなって感動した

室内に戻って、早速駒ちゃんに“渋谷区に越して来たよー!”って、メールを送る
それからちょっと持ってきたテーブルとか、冷蔵庫やテレビや服なんか動かしてると、駒ちゃんから返信あり

“やったねー!今夜は引越し祝いに行くからねーハート”って、むちゃくちゃ嬉しい返事じゃん!!
そう言えば、駒ちゃん来たら、ここの予備キ―渡すのかな〜。おお、俺の心臓どきどきになってる!

もう、こうして引っ越して来ちゃったんだけど、お隣さんとか下の階とか、引越しあいさつってーの、やらなきゃいけないんかなぁ。挨拶行って、俺がこのマンションに居るって教えるのも、どうなんだろなぁ…

そんないろいろは、とにかく今夜駒ちゃんが来たら相談して(なんか新婚っぽい?)からにしよーとか、ふわふわ落ち着かない俺。意味もない(?)のに、バスルームやトイレをチェックしたり、急に気が付いてベッドと布団は、買い直さんといかんかなぁ…、とか頭に浮かんで来る。変な俺になっちまったもんだ

どっちみち、そんなに目立つタイプじゃないけど、それでもテレビで見たとか騒がれ(…ナイナイ)たらマズって思って、なるべく目立たない系の服着てグラサンかけて、近所の町をぶらついてみたけど、家具屋なんてない

大体平均より低めの身長なんだし、オーラなんてもちろん出てっこないしで、誰も俺のことなんて見やしないけど、天気も良くないからグラサンが変かもってことで、外してTシャツの襟にひっかける

スマホのマップ見ても、家具みたいなもん売ってる店もなさそうなんで、近くの私鉄の駅に行ってみた
電車で新宿に出て、東急ハンズにでも行ってみようかって考えて、券売機のとこに行ってみた

誰も俺を見てないはずって思い込んでたけど、なんかひそひそ声が気になるんで、聴力を上げると「ねえ、あの人ってあれじゃない?」「う〜ん、なんか似てるよね」「ちょっと訊いてみる?」って、あっちに固まってるJKが喋ってるんだ

こりゃマズって思った俺は、さりげなく券売機から離れて、駅の外に出ることにした
「あれそうだよ、きっと」「そっかなぁ」「そうだよ、だってあたしらに気付いて逃げだしたじゃん」う〜ん鋭い!面白がってなんでもできちゃうんだよな、あの年頃…なんて余裕かましてる場合じゃない

俺って一応超人だから、無敵感覚に最近慣れてるのに、こんな風に後ろから女の子に付いて来られると、逃げたい気分になるもんなんだ(う〜んアイドル気分…かなぁ)

まあ、俺がちょっとその気で、すたすた歩いたら、普通のJKなんて付いて来られっこないんだけど、結局俺も悪い気がしてなくって、振り切るとこまでスピード上げてないんだよね
posted by 熟年超人K at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書き足しお気楽SF小説