2021年02月23日

ランボー超人Bの物語-7超人だってば俺はE

210212↓
それから何日かは、駒沢さんからいつ連絡が入るかって気にしながら、なんとなく日が過ぎていく毎日だった
いつまで(ってったって1週間くらいだけど)待っても、連絡のメールも電話もないんで、ぐだぐだしてると、久々に雄仁塚建設の滑川係長さんから電話があった

「おお、久しぶり。どうだ、元気してたか?」雄仁塚に通ってた頃は、好きでも嫌いでもない、気にしてない人だったけど、電話かかって来るとは思わなかったんで、なんか懐かしい気持ちがこみ上げてきた

「ええ、お久しぶりです。会社の方、調子どうですか?」例の副社長がセットした大手建設の人との話を、断ったみたいになってから、気まずくなって行ってなかったんで、ちょっと気になってたんだ

「おお、おお、社長が、心配してたぞぉ。ゆーたろーはどうしたって、な。なんか、副社長とあったの?副社長は、あんな奴はほっとけって、言ってるし…」声が心配そう。いい人なんだな、滑川さんって

「ええ、まあ…。副社長さんが紹介してくれた話を、なんか断っちゃったみたいになって…」
「あれか、大手建設さんの偉いさんに紹介したのに、顔つぶしたって話だろ。だけど、社長はいーじゃねーか、って言ってたぞ」ほう、そうなんだ

「で、今日はなんか俺に用ですか」話が会社の上の方の噂話に行っちゃいそうだったんで、俺から訊いてみた
「おお、そうそう、上辻君に用があったんだ」…相変わらずカミツジ君って呼ぶ

「実は、ウチの大株主の塚本さんって会長がいるんだけど、その人がロータリーの会合で君のこと自慢しちまって、えらい工期の短い仕事が入ってきっちゃったんだよ」どうも、それがビルの解体工事で、1と月もあれば片付けて見せます、って話になってるらしい

「現場のビルってやつがRC造6階建てで、普通なら4〜5か月、特急で3カ月強って工期なんだけど、どう、やれそう?」って、ビルの解体工事って、近所対策やら粉塵対策が大変だって聞いてるけど…

「それって、滑川さん的にはどうなんです。俺で、やれそうなんですか?」逆に質問
「そーだなー、お前の力なら、重機を上に置いてやるのと同じだから、階上解体法でいけるんで、重機を持ち上げないで済むだけ1〜2か月は早く出来そうだなぁ」

「そうか、空から水でも撒いといて、上の階からなるべくそーっと壊して、下に置いていけばいいんだ!」
「おお、そうそう。それと、壊した残骸をダンプにどんどん積んできゃ、かなり早くやれちゃいそうだな」

「養生シートとかは、どーするんです?」粉塵防止の養生シートのことくらいは知ってるんで、そう訊いた
「あっ、そうか、解体粉塵だよなぁ。どう、そーっとやれば、ホコリなんか立てずにやれそうなの?」逆に、滑川さんが訊いてきた

「どーですかねぇ。ばかでかいジョーロみたいなのがあれば、全体に散水して、ホコリ立てずにやれるかも知れませんけど…」思い付きでそう言うと、それいいなぁ、って言って、また連絡する、と電話が切れた

大丈夫かなーって、ちょっと心配になったけど、まあ、専門家が付いてるんだから、なんとかなるんだろって、お気楽に考えることにした
スー〇ーマンだったら、ビルごと持ち上げてどっかに放り出しておしまい、なんだろーけどな

210222New↓
それから10分も経たないうちに、また滑川さんから電話があった
「あった、あったぞー。ばかでかいジョーロになりそうなの、あったぞー!」はあ?

「この前、アパート建て替え現場があったんだ。そこから、7〜800リットル入りの貯水槽の古いのを引き取って来たんだけど、そいつに穴開けてジョーロにするってのは、どーだ」
「それでも滑川さん、よくそんな都合のいい穴が開いてる貯水槽があったもんですねぇ」

「ある訳ゃないだろ。カミツジ君が開けるんだよ、穴は。ほら指かなんかで、ぱぱぱっと開けられるだろー」
「えーっ、指でえ。開けられるかな。だって、鉄でできてるんでしょ、貯水槽って」こりゃ無茶ぶりだぁ

「やれるよ、やれるだろ。お前、スー〇ーマンなんだろー。まあ、もし開けれんかったら、ドリルで穴開けられるさ」そーだなぁ、やってみたことないけど、やれるかも知れんな、俺、超人だもんなって、楽観視

「じゃあ、会社に行けばいいんですね。それで穴開けれたら、水入れてジョーロにしてやってみますよ」自分で言っときながらだけど、そんなうまくいくのかなぁ

結局、雄仁塚建設に行って、やってみることになった
貯水槽はステンレス製で、全体は1辺が2mくらいのサイコロみたいな形だ

ちょっと持ってみたけど、そんなに重くない、って言うと、滑川さんが「けど、水が一杯入ると重いぞぉ」と、なんだか嬉しそうに言った

とにかく、底に穴を開けられるか試そう、ってなって、横倒しにした貯水槽(受水槽って言うこともあるそうだ)の底面に、指を思いっ切り突き立てようとすると、滑川さんが、慌てて「違う!そっち側じゃない!」って叫んだ

「底に穴開けちゃうと、水を入れて運ぶとき、漏れ出ちゃうだろ!だから、反対側の点検用のマンホール蓋の付いてる側に穴、開けるんだよ」…なるほどね、ってんで、そっち側に穴を開け始める

「おお、すげぇ、さっすがスー〇ーマンだわ。ぷすぷす穴、開くじゃん!」って、滑川さんが大きい声出す
俺も、なんだかいい気分になって、五本の指で、ぷすぷす穴開けまくった(障子に穴開ける気分だな)

穴あき貯水槽に水を入れる前に、俺は下見ってことで、立川駅南の現場に行ってみた
もちろん、空からじゃなくって地上を、滑川さんの運転する10年前の新車でだ(結構学校が多いんで、暇な学生に見つかるかも知れないって、滑川さんが言うんで)

解体するビルって言うのは、6階建てのRC造(鉄筋コンクリート)のビルで、周囲に空きスペースがほとんどない現場だった

これまで、俺がやってたのは、鉄材を運んだり、重機を屋上に持っていったりするくらいで、ビルの解体ってなると、どこから手を付けるのか分かっていなかった

「で、どーする。だるま落としは、ちょっと無理だろうし、まあ普通のブロック解体になるんだろうけど、カミツジ君は、まだ鉄筋コンクリートビルを解体したことなかったもんなぁ」なにを今更言ってるんだこの人

「やったことないっすけど、ただぶっ壊すくらいなら、できるかもですが…」ホントは自信ないけど
「でも、周りに迷惑かけずに、やれんの?」やれるわけ、ないじゃん、って言いたいよ
posted by 熟年超人K2号 at 00:08| Comment(0) | 書き足しお気楽SF小説

2021年02月06日

ランボー超人Bの物語―7超人だってば、俺はD

210131↓
俺は文字通り舞い上がってる状態だもんで、彼女に受けそうなことならなんでもする積りになってたさ
まず、もっと灯りの華やかに点いてる辺りを目指すことにした

「駒沢さん、少し場所を変えるからね」そう話しかけてから、ゆっくり光の海の方向に向けて飛び始めた
「純だよ。わたしの名前呼ぶの、じゅんでいいよ」それが、彼女の返事だった。やほほーぃ!

それから俺たちは、とっても気持ちよく、東京の夜景の上を遊覧飛行を楽しんだんだ
だが、そこで問題が起きた。超人の俺には寒さが分からなかったこと。そして、有頂天になってる俺は、寒さで震えている駒沢さんの変化に、気付けなかったこと

1時間くらい飛んでいて、すっかり駒沢さんが喋らなくなったことに、やっと気が付いたアホな俺
「ごめん、ちょっと寒過ぎだった?」声を掛けると、駒沢さんはかすかに頷いた

その頃、レーダーに捉えられている、首都上空をふらふら飛んでいる未確認飛行物体について、在日米軍や航空自衛隊基地では、その対策会議でてんてこ舞いだったらしい(後でNetニュースになっていた。どうも、駒沢さんの銀色のダウンがレーダー波に引っかかったみたい)

こっちはそんなこと知らないから、すっかり冷えてがたがた震えてる駒沢さんを、早く暖かいところに連れてこうと、あせって着陸場所を探してたよ

確か、山に登る奴から、100m上ると1度くらい温度が下がるって、聞いてたのを思い出した
下だってクリスマス前だから、この時間は5〜6度くらいだろう。ってことは、俺は駒沢さんを0℃くらいのとこに連れていたってことになるんだもんな

灯りの消えてるビルの屋上に、一旦降りて屋上から下を見て誰も居ないのを確認して、やっと駒沢さんを下の道に降ろせた

どうも風邪をひきかかってるみたいで、うんと調子が悪そうな駒沢さん。とっても、じゅんなんて呼べるタイミングじゃないぞ

とにかく温かいところに連れてきたいんだけど、人けの無いとこを選んで下りたんで、時間も時間だし、寄れそうなとこって言えば、怪しい照明のホ、テ、ルが目に付くだけだ

困った俺は、チャンス、って囁くワルの俺の声を無視して、駒沢さんに「家、どこなの?」って訊くしかなかったさ。フェアプレイ精神なんだよな俺

210206↓
「家、中目黒です」小さな声で駒沢さんが答えた
「じゃあ、送ります」って紳士の俺だけど、言ってから中目黒って、夜、空から見て分かる?って、なった

「空から見て、家、分かりますか?」って、間抜けな感じだけど、しょうがないから駒沢さんに訊ねた
「ああ、そうですね。夜だし、空からじゃ分かりませんよね」少しほっとした声で駒沢さんが応える

それで、地下鉄かタクシーか、ってなって、当然、タクシー捉まえて「中目黒までっ」ってなった
そうして、タクシーの車内で、駒沢さんとぴったりくっついて座ってると、いろいろ妄想が広がり始めた

そう言えば、超人になったんで、気温とか、極端言えば火だって感じないんだけど、駒沢さんの体温は感じる
そんなこと考えてると、アソコがむくむくしてきちゃって、焦る

もしも、駒沢さんの家(古めのマンションらしい)に送って、上がってって言われちゃったら、どーする?
それで、あーなってこーなっちゃったら、どーするよ俺

大体、超人の俺が、アレすることになったら、どうなっちゃうんだろ
25才の健康な男子の俺は、アレの経験が無いわけじゃない。…2回だけど、ある!

それで、アノときのイケイケGOGO!のときに、どうなっちまうか、わかってる
わからんくなることがあることが、わかってるから、ヤバい。なんかすごく熱中しちゃうことがヤバい!

とかなんとか、考えてるうちにタクシーがとある4〜5階建てのマンション前に停まり、ドアが、バッて
開いた
「今夜はどうもありがと。また、連絡するね」って、一言残して、駒沢さんは爽やかに降りてった
「この後、どちらまで行きましょうか?」って、運ちゃんが言ってきた

「ちょっとその先で降ろしてくれていいから」そう俺が言うと
残念でしたね、みたいな雰囲気、思いっ切り醸し出して、運ちゃんは、わざとらしく数ブロック走ってドアを開けると

「1万880円です」って、無愛想な声で言う(5万円もらったのが、半分以下になっちまったよ)
全然どこか分からない街角で、俺はスマホでマップを出して、自分家の位置を調べといて、空に舞い上がった

幸い夜でもよく見える目のおかげで、なんとか立川のアパートに帰れた俺は、部屋に戻れて良かった〜って、本気でほっとしたさ
posted by 熟年超人K2号 at 16:49| Comment(0) | 書き足しお気楽SF小説

2021年01月14日

ランボー超人Bの物語―7超人だってば、俺はC

210105↓
「まあ、リハはここまでで良いとしとこう」殿こと、殿倉さんの鶴の一声って言うやつで、やっとリハーサルは終わった
スタジオ内の緊張感が解けて、俺以外の全員にほっとした表情が浮かぶ
チーフDのザキさんが、殿倉さんと話し始め、レイコさんは別のスタッフ(やっぱりディレクター?)と、モニター画面を観ながら、なにか話し合ってる

なんか馬鹿らしくて、口も利きたくない俺の、目線の向こうに立ってる駒沢さんの瞳が、もうちょっと我慢して、って言ってるように見えたんで、俺は他の連中には分からないように、ちょっとだけ微笑んでやった
「はい、お疲れさま。今日はここまでです。このあと、ADの駒ちゃんから交通費受け取ってお帰り下さい」ディレクターのザキさんが、憎めない笑顔でそう締めくくると、殿倉さんとレイコさんの後を追って、部屋を出て行った

照明や音声のスタッフさんたちは、自分の仕事に集中してるんで、広いスタジオに俺と駒沢さんが二人、ぽつんと浮いた感じで残されてる
「お疲れさまでしたー。じゃあ、交通費をお渡ししますので、別室に移動しまーす」なんだか明るい
交通費って、空を飛んで来たら、幾らになるんだろ、と俺はぼんやり考えながら、駒沢さんの後に続いた

「ごめんなさいねぇ。あれやこれや、めんどうなことばかりお願いしちゃって」スタジオのあるフロアから、1フロア降りた階にある『制作部』と、扉に書いてある大きな部屋に入りながら、駒沢さんが話しかけてきた
「いや、まあ、いいんだけど、いろいろ細かい部分言われたから…」
「怒らないでね。だって、スーパーな貴方が怒ったら、皆〜んな吹っ飛ばされちゃうもんね」割と真顔で言う駒沢さん

制作部の部屋の隅に、ガラスで仕切られた区画があって、0型のテーブルの周りに椅子が8個あって、そのひとつを俺に勧めて、隣りに座った駒沢さんが、封筒を出した
「はい」と渡された封筒を開けるように勧めるんで、開けたら中に万札が5枚入ってた
こんなにもらえるんだ、って、ちょっとにやついてたら「この領収書にサインして」と、領収書とボールペンを俺の前のテーブルに出してきた

領収書にサインして返すと、にっこりして受け取って「勇太郎さん、この後、なにか用事あるの?」と駒沢さんが訊いてきた
特にないですって言うと「だったら、少し下で待ってて。わたしの知ってるお店に行かない?」って言う
後で聞いたら、駒沢さんはザキさんから「お前、スー〇ーマンのロイスになれ」って言われてたんだって…

210114↓
駒沢さんが連れて行ってくれたのは、Tテレ本社ビル近くの、雑居ビルの2階のお店だった
「ここは以前、宮崎出身の先輩に連れて来てもらったお店なの。鶏肉が美味しいのよ」スタジオで話すときより、ずっと明るくて可愛らしい感じ

二人が店に入ると、元気の良い店員の声がかかる。まだ夕方の5時半を少し回ったところなのに、もう店内はほぼほぼ満席で、カウンター席の奥に居た客が、少し席を譲ってくれたのでやっと座れたくらいだった

まずは生ビール中ジョッキで乾杯となって、店に詳しい駒沢さんが何品かオーダーしてくれた
実は、元々はお酒にあまり強くない俺としては、飲み過ぎて暴れでもしたら、とんでもないことになるって思っていて、そこんとこは絶対注意しながら飲んだんだが、やはり好きな女の子と一緒っつーのはハメが外れるもので、気が付いたら結構飲んでいた

お酒もいつの間にか生中から、宮崎名産らしい見たことない焼酎に変わってたし、駒沢さんも結構ぐいぐいいってたから、二人はとってもいい感じになってたんだ

「それで、駒ちゃんは俺のロイスだっけルイスだっけ、になってくれるっちゅうの?」
「えーっ、まぁー、君の態度、次第、かなーっ」ほんと、可愛い飲みっぷりなんだよなー、駒ちゃん

最近早くなった閉店の10時まで飲んで、二人外に出た。お勘定は、接待で会社から出るから、って駒沢さんが払ってくれた
まだ、人通りもあるけど、なんかこのまま帰るのやだなぁ、と思ってると

「ねえねえ勇太郎くん、君、空飛べるでしょう。だったら、アレやってくれない、ほら、スー〇ーマンが彼女抱いて、夜空を飛ぶっていうの」酔ってるなぁ、駒ちゃん

俺だって、本当はやってみたかった“アレ”、まさか駒ちゃんから言い出してくれるなんて!
「いいよ!」喜んで!と心の中で付け足して、それでも、人けのないとこ探して、そこから離陸するつもりで、周りをきょろきょろ見回してみる

でも、もうすぐクリスマスの東京赤坂は、俺たちと同じく、人目の無い場所を探してるカップルが多い
「駒沢さん、どこか人目につかずに離陸できる場所、知らない?」あまりムード無いけど、ずばり訊ねた

「そうね、それなら近くに大きい神社があるから、そこならいいと思うな」やっぱりここらのこと、知ってる
…ってことで、二人小路を抜けて、結構有名な神社まで、歩く。いいムードになってるかも

見ようと思うと、暗いとこでも見えるんで、階段を上って境内を見渡すと、大きな木の向こうに、誰も居なさそうな場所を見つけた

「あそこから飛ぶけど、駒沢さん、その格好で寒くないかな」足元はかなり温かそうな黒のパンツルックに、銀色みたいなグレイのダウンコートだから、そんなにスピード出さなきゃ、多分大丈夫だろうと思っんだたけど、一応訊いてみた。もちろん、大丈夫って、首を縦に振ってくれて、それが可愛い!

「じゃあ、飛ぶから俺にしがみ付いて。もち、落っことさないように俺もしっかり抱くけど」…やったぜ!
駒沢さんを左腕で抱いて、彼女の手が俺にしがみ付いたの確認して、俺は宙に飛び上がった

夜だから、そんなに急いで上昇しないでもいいかな、と思ったんで、割とスローに上昇していって、200mくらいで一旦止めた。駒沢さんは、俺にしっかりしがみ付いてたが、大分慣れて来たみたいで、少し頭を動かして、下界を見廻している。…頭を動かす度に、いい匂いがするんだよなぁ!
posted by 熟年超人K2号 at 12:01| Comment(0) | 書き足しお気楽SF小説